• 意外と気を付けることだらけの富士登山

    年々ブームといえるくらいの勢いの富士登山。そのブームぶりは多い時にはまるで連休の帰省ラッシュの交通渋滞かまるで大名行列のようです。
    日本人ならばまたは日本が好きな外国人ならば天気のいい日の首都圏に浮かぶ富士山や新幹線からの景色を見ようとするだけではなく、いつかは登頂しようと浮かぶはずの富士登山。一時期は多すぎてゴミだらけの風景になったことがあります。

    バスツアーのいろいろな情報を集めました。

    または景観や自然を壊してはいけないためにテントを張ったり昆虫や自然の植物、石を手にすることが禁止されています。
    近年のテレビ番組や山ガールでより人気は高いといえます。しかし、オシャレに格好で入る富士登山はマラソンなどと違い、やはりそこは日本一の自然の山を相手にしているので勢いで甘く見て登って行っても後で困ることがあります。

    情報や体力、持ち物に天気と考えることが山ほどあります。



    すでにルートは四つに決められており山小屋がたくさんあり、ある意味便利になったキャンプ場のような面がありますが、下山には水は手に入らなかったりこの夏場の三か月以外の時期は禁止されています。

    以前にアスリートの冬の訓練で痛ましい事故がある通り遭難などの危険があります。

    リュックや登山靴に情報になる地図などのほか、ご来光目当てならば時間を計算して登る時間を決めます。

    エキサイトニュースについての総合情報ポータルサイトです。

    高山病への対策や天候にも注意を怠らずに頂上を目指します。
    その反面、便利すぎてツアーバスの終着点がいきなり五合目からスタートするほどです。
    あまりに多いため駐車場争いなどまるで一般的な観光地のようなニュアンスがありますが、登山であるには違いありません。